Journal

2012年8月 祖母の家とその周辺にて/6〜8月読了

石川県、能登の山奥にある母方の実家の平屋(厳密には増築した小さい2階の部屋あり)は、

いかにも昔の日本家屋らしいつくり。どの部屋もじっとりと仄暗いのですが、

窓からの陽光がうつくしく、いいかんじで、日本らしい「陰影礼賛」な暮らしを感じます。

平屋、いいなあー。

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

私事ながら自宅の本棚もあふれだしはじめ
読んだ本をなくなく手放さざるをえないことも多くなり、
(それでもとくに思い入れの強い本は手元に残しておきますが)
備忘録として読了日記をつけることにしました。

◎六、七、八月読了
『聞く力』阿川佐和子
『羊の木1,2』いがらしみきお、山上たつひこ
『~ガキの頃から~一色まこと短編集』一色まこと
『悩むが花』伊集院静
『脳には妙なクセがある』池谷裕二
『猫の本棚』木村衣有子
『劇画・長谷川伸シリーズ 一本刀土俵入』小林まこと、長谷川伸
『武器としての決断思考』瀧本哲史
『いま、地方で生きるということ』西村佳哲
『1Q84 BOOK1<4月-6月>』
『1Q84 BOOK2<7月-9月>』
『1Q84 BOOK3<10月-12月>』村上春樹
『サタニック・スイート』『ひばりの朝1』『Love,Hate,Love.』ヤマシタトモコ

 

コンパクトのその中身は・・・

[お仕事のおしらせ]

現在発売中のゼクシィ9月号ふろく用に、お花のフレームイラストを描きました。

乙女すぎるコンパクトのその中身は‥‥意外なアレです。(こちら

帰省のタイミング、ご結婚の予定のある人も、

手に取りにくいかもしれませんがそうでない人も、笑

ぜひぜひご覧になってみてくださいませ。

 

ことばのちから

打ち合わせなどで感じたモヤモヤを

うまくことばにできないでモゴモゴっとしゃべって(あるいは黙って)

あとになって後悔することがしばしばあるのですが、

そんなわたくしを尻目に、感じたことをバシッといやみなくかっこよく

ことばで表現できる人には、ついついあこがれの熱い視線をおくってしまいます。

 

しかし、あこがれの視線をおくっているだけでは何だかなので

自分も言いたいことをここぞとばかりにバシーッと言えるようにと思うのですが、

ワワワーッとしゃべってあとで後悔してみたり、

へんに考えすぎて言葉のラビリンスに陥ってしまうことも多く

なかなか難儀なものです。

 

そんなようなことを考えて何となくもんやりしていたときに、

すきなFacebookページのコラム「コピーライターの目のつけどころ」で

紹介していたコピーがありました。
————

「あなたに会えたお礼です。」
人が、一生のあいだに
会える人の数は
ほんとうにわずかだと思います。
そんな、ひと握りの人の中に、
あなたが入っていたなんて。
この幸運を、ぼくは、
だれに感謝すればいいのでしょう。
あなたに会えたお礼です。
サントリーの贈りもの。
————お歳暮 サントリー 1985
岩崎俊一さんのコピー。

 

「大切な人を大切にしたい」というきもちを思い出させてくれるこのコピー。

普段ことばにもせず、なかなか伝わりづらいようなことを、

やさしく、こうしたら伝わるかもよと教えてくれるようで

じわじわじわと染みたコピーでした。

こんな風な絶妙な気分を、うまくことばで伝えられたならばとあこがれます。

 

あとは、ことば、でもそうなのですが、

きもちとしてはぜひ絵で、そういう絶妙な感覚を

思い出させてくれるようなものを、つくりたいところです。

 

ことばも絵も奥深し。。

Return to OZ

ひさびさに会えた友人と恵比寿でネパール料理!

積もる話もありながら、映画好きの友人ということもあって

後半は映画の話で盛り上がりました。

 

本も映画も、読み手のその後の人生観を変えてしまうくらい

多大な影響をあたえる作品があって、日々できるだけ

そんな作品と出会いたいものよねえーと話をするなかで

ひとり思い出しては熱くなった作品がありました。

 

Return to OZ』は幼少期にテープがすり切れるほど見た作品で、

思い出した折にいろいろ調べてみると

有名な「オズの魔法使い」の非公式ながら続編として

1985年に発表されたディズニーが製作した作品なのだとか。

(残念ながら日本語版DVDは販売されてないみたいでした)

 

お話はファンタジーながらも終始ブラックな世界観で、

主人公ドロシーがのっけに精神病院に入れられるところから

様子のおかしいことを察するのですが笑、

お話の途中で首なし王女(生首をストックして陳列)が出てきたり、

手足が4本ホイールになっている四つん這いの妙なおっさんが追いかけてきたり

 

↑「ホイーラーズ」きもいけどなんか憎めない感じのキャラ設定

 

ところどころクレイアニメなどアナログSFXでつくりこまれている感じや

毒っぽい雰囲気などは大好きなシュヴァンクマイエル作品にも

少なからず通ずるシュールさがあるのでした。

 

幼ごころにきもちわるい&なんか怖い感じが妙に気になる作品で

己のシュール好きの根底にあると察する今日。:(

 

自身に影響を与えた作品を振り返ってみるのも

また新鮮な気づきがあっておもしろいものです!

 

 

アスパラ欲

おひさしぶりの更新となりました。

最近はおかげさまで公私ともに充実の日々を過ごしているのですが

ばたばた〜としていると、わたしの場合はついつい食事が後回し、おろそかになります。

丁寧に暮らしたいわあ、と思いながら夜遅くコンビニ飯に手を出したりして

罪悪感にかられたりする日々です。うぬぬー。

 

それでもちゃんと食欲はあって、

先日、エッセイスト・フードジャーナリストの平松洋子さんが、週刊誌で連載中の

「あの味」で、旬のアスパラガスをこれでもかーとおいしそうに描いていたのが忘れられず、

きもちに余裕ができた夜に、スーパーをはしごしてアスパラを買いに走ったりしました。

あいにく、どの店も北海道産のおおぶりアスパラは品切れ…

大きめのを塩ゆでにしてがぶっと食らいつきたかったんですが、

フィリピン産の細っこいので手を打つことに。

満たされぬアスパラ欲。。

 

後日リベンジすると心に決めて家路につく。

休日の夜の話でありました。

 

 

 

 

 

 

JOSHIBI

[お仕事のおしらせ]

先日、女子美術大学/女子美術大学短期大学部の大学案内冊子用に

イラストレーションを描かせていただきました。

女子美生のいろとりどりで楽しい1日を、

花やいきものなどのイラストでにぎやかに演出いただいています。

 

高校時代にこんな冊子に出会っていたら、女子美を受けていただろうと思うほどに

魅力的な冊子。開いてすぐの女子美生のグラビア、むちゃかっこいいです。

これから美大受験を考えている方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、取り寄せてご覧になってみてくださいね。

女子美術大学進学情報

 

表紙は2種類あるそうです。デザインは個人的に大ファンのKitchen Sink.さん。

 

MENUBOOK2 COFFEEできました!

 

5月も半ば、さわやかな青空とあたたかな陽気がきもちよい1日ですね。

 

知人をはじめ一部にはつくるぞーつくるぞーと地味に言ってまわっていた冊子MENUBOOK続刊。

「SWEET」につづくシリーズ第2弾「COFFEE」がようやく完成しました〜

(やっとシリーズと呼べるのが地味にうれしかったり…)

前作「SWEET」につづき、今度はひみつのへんてこコーヒーをご紹介しています。

コーヒー好きの人はもちろん、そうでない人にも手にとってもらえましたら幸いです〜^^

 

#冊子は今後目白のブックギャラリー「ポポタム」さん、

経堂のギャラリーショップ「URESICA」さんにてお取り扱い予定です。

MENU BOOK COFFEE ¥700

 

 

    Categories

    Archives

back to top